忍者ブログ
絵描きは辛いことばかりあるんだ。。
◆カレンダー◆
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◆最新コメント◆
[10/14 ldiaybhrne]
[10/14 uvhrjildra]
[09/20 vfevoxmspx]
[04/16 loll]
[04/12 おえかき]
[03/30 loll]
[03/22 おえかき]
◆プロフィール◆
HN:
おえかき
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
絵を描く
自己紹介:
げんき。。。
◆バーコード◆
◆ブログ内検索◆
◆最古記事◆
◆カウンター◆
◆アクセス解析◆
[875] [874] [873] [872] [871] [870] [869] [868] [867] [866] [865]
2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/07/28 (Wed)

 

アンジきたね。。
綺麗。。。たのしみ。。



双子うんだのに
きれい。。。

あ。。。もどらなくちゃ。。

ありえってぃ

gooでは 79点

わたしは 期待していたので
なんかな

私は平均点80点で
わたしは 75点かな?

========================
アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。

スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。本作は派手なアクションシーンも幻想的な架空の世界もない。しかし、臨場感溢れる描写や、自分たちの分を知って身の丈に合った生活を楽しむ小人たちを丁寧に見せることで、我々の日常と床板一枚を隔てた先にある小人たちの世界に夢中にさせてくれた。キャラクター造形、美術、音楽、キャストと全てが完璧で、見終わった後にそっと家の戸棚や床下を開きたくなるかも。本作の監督を務めたのはこれが初監督作品となるスタジオジブリの新鋭・米林宏昌。
======================


「千と千尋」



「ぽにょ」


のが すきだったな。。

でね 内容は見た方がいいだろうけど

小さいって ことの
工夫があったな。

「水」の 重力における形態って いうかな?

ポットから 水を出るとき
それが 


表面張力で
丸くでてくる なんて ことを 見たら
おもしろいんじゃないかな?

でもな。。

漫画では



これのが よかったな。。

そんなこと 言ったらファンに怒られるだろうけど。。

苦しくない映画
すきです

安易に生活したい

http://www.youtube.com/watch?v=dQtlkf-e1Io

この歌
わたしの ポリシーです。。

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]