忍者ブログ
絵描きは辛いことばかりあるんだ。。
◆カレンダー◆
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◆最新コメント◆
[10/14 ldiaybhrne]
[10/14 uvhrjildra]
[09/20 vfevoxmspx]
[04/16 loll]
[04/12 おえかき]
[03/30 loll]
[03/22 おえかき]
◆プロフィール◆
HN:
おえかき
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
絵を描く
自己紹介:
げんき。。。
◆バーコード◆
◆ブログ内検索◆
◆最古記事◆
◆カウンター◆
◆アクセス解析◆
[1401] [1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394] [1393] [1392] [1391]
2017/08/22 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/29 (Thu)

離婚なんて

なにも かわらない
なにも おこらない

なんか かわるのかな?って 思っていた
なにか なるのかと。。

でも なにも なかった

時間は 自分が 衰えていくって ことの 実感だけだ

また 一週間 そして 一週間
自分は なにもしてない

「ばたばた」は してるけど。。

人生って 出会った人で わかるのかもしれない

離婚の次の日

次男坊が 電話で「おめでとう」って

長男が 家に来て 「絵を買うよ」って

子供は 子供のままで いた


さて

戦火の馬

わたしみたいだ

いろんな 試練??に 逢い
そして 人に会い

ほんとうに 色々おもったな。。

人間の人生もこんなんなだろうな。。って 映画って いいな。。
 


終わってしまいそうな映画で みたそうなのから 行こうと
おもってね。。
で、、、、行って来ました。。

平均点 80点で 92点 なかなか お気に入り。。



====================
第一次大戦前夜のイギリスの農村。貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年アルバートと固い絆で結ばれる。折しも戦争がはじまり、ジョーイは軍に徴用され、英国軍騎馬隊の軍馬としてフランスの最前線に送られてしまう。敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで悲惨なものとして映るだけだった。その頃アルバートは、兵士となりフランス激戦地で戦っていた。奇しくも共に激しい戦場に身を置くこととなったアルバートとジョーイの運命は……。
====================

原作は982年に発表されたイギリスの児童文学。

2007年に舞台化され、イギリス演劇界のオスカーであるオリビエ賞をはじめ各賞に輝き、

先日発表された米国演劇界の最高賞“トニー賞”にて、作品、演出など5部門を制覇したんだよね。。


スティーヴン・スピルバーグ 監督の。。作品


でね。。

一つも賞がとれなかったんだけどね。。






 物語の主人公は少年アルバートとその愛馬ジョーイ。



このこね。。
なんか 「岡田将生がしたら 日本映画になるかな。。」なんて
思う感じ。。


父が 買ってきてくれた馬をかわいがるだよね
でね。
貧乏で やっと 買ったんだけど

戦争で 取られたしまうんだ。。
そのとき 
父が 偉かったときの 勲章??を 馬につけるんだ


で。。





エミリー・ワトソン。すごい スタイルいいな。。
すごいな。 そんな ところに気にしてるわたし。。

馬が 主人公だから
周りの人は どんどん かわる。。



偉い人の手に渡り。。



女の子の手に渡り。。


馬を育てる人に行き



戦い。。

そして。。

また 最後には 奇遇で 彼の元にもどるんだ。。



馬が主人公だからね。。

で。。

この少女 なんか すごい 心に残ったな。。
なんだろうな。。 不思議


もしかしたら 将校に犯されたかな?なんて おもいながら
すごい けなげで 心にのこったな。。





馬がどうして あんなに 良く動いたのかな?
CGなのは どこかな。って

「芸術」って 思いながら
じぶんなんか できることは ほんとうに少しだな。。って

個展を前にして
もっと もっと 芸術を愛したいな。。って おもってしまった

映画 好きです
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]