忍者ブログ
絵描きは辛いことばかりあるんだ。。
◆カレンダー◆
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◆最新コメント◆
[10/14 ldiaybhrne]
[10/14 uvhrjildra]
[09/20 vfevoxmspx]
[04/16 loll]
[04/12 おえかき]
[03/30 loll]
[03/22 おえかき]
◆プロフィール◆
HN:
おえかき
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
絵を描く
自己紹介:
げんき。。。
◆バーコード◆
◆ブログ内検索◆
◆最古記事◆
◆カウンター◆
◆アクセス解析◆
[1413] [1412] [1411] [1410] [1409] [1408] [1407] [1406] [1405] [1404] [1403]
2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/04/17 (Tue)
 
みてきた

「忙しい」なんて うそだよね。。

で。。

けっこう 遊んでばかりだ

「しなくては いけないことはしてない」けどね。。。。


で。。


こんな かんじ、、、ぃ

でね


80点 平均で。。でね 94点かな。。

なかなかでした。。

今年のアカデミー賞作品賞ノミネート9作の中の1本でね

内容なんだけど、、

===============
ストーリー(あらすじ)

1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、当たり前のように黒人のメイドたちに囲まれて育ったが、大人になり白人社会に置かれたメイドたちの立場に疑問を抱きはじめる。真実を明らかにしようとメイドたちにインタビューを試みるスキーターだったが、誰もが口を閉ざすばかり。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込んだ大きな事態へと進展していく。主演はエマ・ストーンとビオラ・デイビス。監督は「ウィンターズ・ボーン」などにも出演している俳優のテイト・テイラー。第84回アカデミー賞でオクタビア・スペンサーが助演女優賞を受賞した。
===============



アカデミー賞主演女優賞ノミネート、ヴィオラ・デイヴィス

母親もメイド、祖母は家事をする奴隷、エイビリーン





がんばっていたな。。
いい感じだった

すごい よかった
でね

そいで。。
オクタヴィア・スペンサー




本作で見事、アカデミー賞助演女優賞受賞
おめでとう。。

目がぎょろぎょろで 私みたい。。
すごい デブだったけど


アカデミーの時の衣装


すごかったね。
だって
すごい デブだったのに
すごい 綺麗。。って




タダシ・ショージって 日本人のデザイナーでね
すごい 話題になったね。。

すごい 細くみえて
それで 女らしい。。って

作家の卵、スキーター

えっと
赤ずきんの女の子と まちがっていた。。

でね。。

かわいくって
すごい 細くって 綺麗だったな。。

「スパイダーマン」続編「アメイジング・スパイダーマン」では
選ばれたから
いまから でてくるよ。。


でね
意地悪やくの ブライス・ダラス=ハワード

すごい 良くやっていたな。。

「うんち」たべさせられちゃう、

「くそ食らえ」って 本当に実践 すご。。

でね

その母


本当の子供に老人ホームにおくられちゃう。。


トイレを 外で
させられたり。。それで やめさせられちゃったり。。

でね。。


あたらしい家に 働きにいくんだよね。。


「ツリー・オブ・ライフ」ではブラピ妻で注目された
彼女。。

今回は おとぼけキャラ

でもね。
実は 映画「まりりん」も見たんだけど。。

この彼女のほうが なんか
いい感じに おもうくらい セクシー



ともだちも それぞれで
いいかんじ。。



ひとり 友達でない
けど。。

お料理もじょうずになるし。

で。

一応 ハッピーかな。。

黒人テーマとか
むずかしくて 苦手なんだけどね。

いいかんじに おもうよ。。

おすすめ。。



で。。


それぞれの道。。

苦しい 黒人時代もあるんだな。。

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]