忍者ブログ
絵描きは辛いことばかりあるんだ。。
◆カレンダー◆
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◆最新コメント◆
[10/14 ldiaybhrne]
[10/14 uvhrjildra]
[09/20 vfevoxmspx]
[04/16 loll]
[04/12 おえかき]
[03/30 loll]
[03/22 おえかき]
◆プロフィール◆
HN:
おえかき
性別:
女性
職業:
絵描き
趣味:
絵を描く
自己紹介:
げんき。。。
◆バーコード◆
◆ブログ内検索◆
◆最古記事◆
◆カウンター◆
◆アクセス解析◆
[1310] [1309] [1308] [1307] [1306] [1305] [1304] [1303] [1302] [1301] [1300]
2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/10/03 (Mon)

おはよう。。

映画 三昧
そして 講演会
そして 搬入 そして なにから なにまで
楽しんだ。

こんな もんだろう





見てきた

15。16違う 彼と住んでいるわたしとしたら

これを みないわけには 行けないだろう

しかし
わたしは 醜いが
「鈴木京香」は 綺麗だから だから
まったく 違うけどね。。



NHKのを 見ていなかったからね。。
 だから ネットで 48点だって
 
わたしは 平均80点だとして
 
それで 65点かな。。


最悪

もっと もっと 長く ドラマなら 良かったんだろうね。

おしいよ
 

=========================
 
出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー、中村るいは、既に妻を持つ17歳年下のネット証券会社社長、鈴木行と恋に落ちる。様々な試練を乗り越え、一緒に暮らし始めた2人だったが、ある日行は忽然と、るいの前から姿を消してしまう……。5年後、出張先のマレーシアでるいは、行と運命的な再会を果たすが、行はるいの目の前で銃弾に倒れてしまう。コーランが遠く聞こえる中、生死の境をさまよう行。やがて、事故を知り、行の妻・万理江もマレーシアにやってくる。イスラムの地を舞台に、虚々実々の駆け引きの果て、交差する思いが一挙にクアラ・ルンプールの濁流へと流れ込んでいく……。
 =======================
 

鈴木京香 きれいだった
 けどね
 
あまりに 内容が 飛んでね。。
 
何がいいたいの?って
 期待外れもいいところ
 
もっと もっと
 考えたらよかったのでは。。って 
 
でね。。
 
「東京島」「ムー」に 匹敵する 期待はずれでした。
 
こんな ときも あるかな。
 

内容的には 17才年下の 男の人と 恋に落ちるなんて
 それで 仕事もできて なんて
 いいな。。って 思ったのにな。。
 
残念しきりです


しばらく みたい映画 たくさんなので
できたら いっぱい いっぱい みたいな。。

もっと もっと 時間がほしい

たった 2時間で
人に生きた人生を たのしめる 体感できる
映画が すきです

もっと 刺激的で
もっと 実感が あって
充実感のある 生きていた。。って 人生をすごしたい


もっと もっと


 






PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
わたしも
今週もがんばって 映画いくつもりですよ。。
見ないと わからないしね。。
映画好きです
おえかき 2011/10/06(Thu)08:05:20 編集
評判悪いです
今日、見に行った人から感想聞きました。
評判悪いですね。
「私の2時間を返して~」って言ってました。
やっぱり行くの辞めました。
ステイ・フレンズにします。
みーゆーママ 2011/10/04(Tue)20:31:38 編集
えっと
映画になるには もったいないって
ことかな。

ドラマと小説と映画って
それぞれだよね。。
おえかき 2011/10/04(Tue)08:19:39 編集
悩んじゃう
セカンドバージン、ドラマ見てたんですよ。
だから見に行こうと思ったのにな。
うーん、ハズレですかぁ。
とりあえず、ドラマ見たついでってことで見に行くかな(笑)
みーゆーママ 2011/10/03(Mon)10:22:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]